東海ラジカルネットワークでの様々な出来事を紹介します

第1回ラジカルワークショップ(大規模災害とICT)

| コメント(0) | トラックバック(0)

「大規模災害、その時、あなたのICTは!? 」

というテーマで

5/25(水) に第1回の「ラジカルワークショップ」を開催します。

以下、詳細

------

第1回 ラジカルワークショップ

テーマ「大規模災害、その時、あなたのICTは!? 」

このたびの東日本大震災により、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げると共に、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 東日本大震災は、ICTにも甚大な被害を与えました。東海地域でも東海地震が予想されており、今回の震災は東海地域にとっても、他人事ではありません。東 海ラジカルネットワークは、この3月に発足した、東海地域を中心として活動するICT関係者の集まりです。そこで、第1回のワークショップとして「大規模 災害とICT」をテーマに開催を行うこととしました。多様な情報提供と共に、我々の課題について議論ができることを期待し、多くの方々のご参加をお待ちし ております。

日時: 2011年5月25日(水)  15:00--18:00

会場: 名古屋大学IB電子情報館 大講義室
参加費: 無料 (終了後、学内で懇親会 (2,000円))
(参加登録は http://atnd.org/events/15208 、もしくは workshop@radicalnetwork.jp へ、所属、氏名、および懇親会の参加の有無をお送りください。)

主催: 東海ラジカルネットワーク
支援: 名古屋大学河口研究室
後援: 東海情報通信懇談会、東海総合通信局、WIDEプロジェクト
Twitter タグ: #sgict (災害ICT)

プログラム:

情報提供1:
    「東日本大震災に見たICTの課題と危機管理」
         NTTコミュニケーションズ㈱ 危機管理室 部長 平良 聡 氏

情報提供2:
    「東日本大震災における sinsai.info の活動」
            sinsai.info 関係者

ライトニングトーク:
   危機管理、BCP、安否確認、情報共有などに関する
   ライトニングトークを募集します。(応募は ATND )

現場報告セッション:
 - 静岡県立大学 経営情報学部 准教授 湯瀬 裕昭 氏
 - WIDEプロジェクト PDRNET/ 国立天文台 天文データセンター
                           助教 大江 将史 氏
 - NTTドコモ 東海支社 経営企画部長 熊倉 浩高 氏
 - 富士通ネットワークソリューションズ株式会社 ソリューションビジネス本部
                                          公共ビジネス推進室 担当課長 渡邊 訓広 氏
 - KDDI株式会社 中部総支社 管理部課長 駒田 弘次 氏

パネルディスカッション:
   テーマ: 東日本大震災の経験から何を準備すべきか
   コーディネータ: 名古屋大学大学院工学研究科 教授 河口信夫
   パネラー:
       静岡県立大学 経営情報学部 准教授 湯瀬 裕昭 氏
WIDEプロジェクト PDRNET/ 国立天文台 天文データセンター
                           助教 大江 将史 氏
       ㈱インターネットイニシアティブ
              サービス本部 アプリケーションサービス部 堂前 清隆 氏
        NTTコミュニケーションズ㈱ 危機管理室 部長 平良 聡 氏

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://cms.uclab.jp/.cms/tb/78

コメントする

このブログ記事について

このページは、Nobuo Kawaguchiが2011年4月27日 20:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東海ラジカルネットワーク発足の様子」です。

次のブログ記事は「第2回ラジカルワークショップ(想定外のクラウド活用) 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。